女性の大敵であるシミの存在!皮膚科クリニックで治療を受けよう

シミの種類

鏡を見る女性

30代、40代の多く女性が悩んでいるのが、シミになります。しかし、このシミには実はいくつか種類があることをご存知でしょうか。最近ではシミの種類も豊富にあり、種類によっては専門的な皮膚科クリニックで治療を受ける必要があります。また、シミの種類によって、治療方法や予防、対策方法がそれぞれ異なります。そのため、シミを効果的に解消するためには、ご自身にできたシミがどの種類に属するのかを知っておくべきでしょう。最も一般的なシミとして有名なものが老人性色素斑になります。老人性色素斑の特徴としては、ほんの数ミリから1センチほどまでの大きさで時間が経つことにより段々と濃くなっていくことが挙げられます。また、老人性色素斑ができる理由は、加齢に伴うターンオーバー機能の低下と紫外線の浴びすぎが原因だと言われていて、対策するためには、こまめな肌のケアと紫外線対策をすることが大切になります。シミには他にも炎症性色素沈着と呼ばれる種類があります。炎症性色素沈着とは、思春期に多いニキビの影響によって肌の中で炎症が起きることが原因で発生してしまうシミです。茶色いニキビ跡などこそがこの炎症性色素沈着に該当します。炎症性色素沈着を予防、対策するためには、何よりも炎症を起こさないことが大切です。そのため、普段からの肌のケアはもちろんのこと、肌になるべく摩擦などダメージを与えないようにしましょう。できるだけ肌を優しく扱うことを徹底すれば、炎症のリスクを最小限に抑えることができます。

シミはいくつか種類が存在していて、その中でも代表的なシミは老人性色素斑と呼ばれています。この老人性色素斑は日本の女性にも多く、悩んでいる方も沢山いらっしゃいます。老人性色素斑ができる原因としては老化現象、つまり加齢に関係しています。人間の身体は加齢を伴うことで、新しい細胞を作り変えるターンオーバー機能が徐々に低下していきます。その結果、新しい細胞を作り変える周期が遅くなり、老人性色素斑ができてしまうのです。他にもシミには雀卵班と呼ばれているタイプもあります。この雀卵班はいわゆるそばかすと言われているもので、顔全体に1ミリ程度の黒ずみが広範囲なシミとなって現れています。そばかすができる原因は、遺伝的なものが多いので予防することは難しいですが、紫外線対策をすることが最良のケア方法とされています。しかし、そばかすやシミなどはいくらケアしてもできてしまう時はできてしまいます。そんな時はセルフケアをするだけでなく、皮膚科で医師に診察してもらうといいでしょう。最近では、最先端のシミ取り治療も皮膚科で提供されています。そばかすやシミに悩んでいるのなら、皮膚科でシミ取り治療を受けることを検討してみてはどうでしょうか。